メイン

下取りについて

自動車購入において、最も費用対効果が高いのは「三年目」の中古車だと言われています。
これは世界的に著名な資産家の言葉であり、実際のところ間違いではないでしょう。
それ故に今では車を買う時には「中古」というのが定石となってきているような気がします。

車を乗り換えるときには現在使用している愛車を下取りに出すのが一般的でしょう。
では下取りとは一体なんなのでしょうか?
簡単にいえば、現在の車を売って新しいものの代金に充てるという事を指しています。

一方で「買い取り」というのも一つの手段だと言えるでしょう。
これは単純に売ったお金を現金にするという事です。
このお金を購入資金としても良いですし、その他の用途に使うのももちろん自由です。

「下取り」と「買い取り」のどちらで高く売れるのかは、
車種や状態によって異なる場合が多いようです。
それ故に、買い換えを検討している場合は一括査定などで
複数の業者に見積もりを依頼しましょう。
なにか1つの手段・情報だけで判断すると意外に大きい金額を損することになりかねません。

先述したように、同じ状態・車種でも下取り価格は業者によって異なります。
では価格はどのように決まるのでしょうか?
一般的には各社で設定されている下取り基本価格から傷などの状態によって
少しずつ減額されていくという方式です。

買い取りとは違い、実際に購入して新しい車を引き取るまで古い方が手元にあるので、
代車が必要ないというのがメリットでしょう。
何よりも契約などの手間が少なくて済むというのも嬉しいポイントです。

現在ではインターネットの普及に伴って、オークションサイトにおいて
個人での出品も可能な時代になりました。
こういった手段で手にしたお金を購入資金にまわすことも出来ますが、
手続きや諸々の手間がかかってしまうという事は覚えておきましょう。

しっかりと業者を吟味して少しでも高く売れるように工夫してみましょう。
売却の査定に行くときは必ず洗車するのも忘れないようにしましょう。
査定額に多少の影響は出てくるはずです。

Copyright(c) 2013 How to choose a Used Car All Rights Reserved.