メイン

メーター改ざんに注意!

費用面でのメリットが非常に高いということから中古車が非常に高い人気を誇っています。
とはいえ悪質な車両を販売している業者がいることも事実です。
正しい選び方さえできれば中古車ほどコストパフォーマンスが高い乗り物はありません。
だからこそチェックするべきポイントはしっかりとおさえましょう。

近年では販売業者が走行距離を偽って提示しているケースが増えています。
車両の走行距離メーターをいじって「改ざん」してしまうのです。
多くの買い手は、まず走行距離と年数を見て購入を検討します。
そのために生まれた悪質な営業手段だといえるでしょう。

もちろん、この「メーター改ざん」を見極める手立ては存在します。
ここではその手段について解説しています。
購入を検討する場合は必ずチェックするようにしましょう。

基本的には車検証や点検整備記録簿に記載されている情報をもとに推測することになります。
点検整備記録簿がない中古車であれば購入を踏みとどまった方が良いでしょう。
あまり大切に乗られてきた車とは言い難いため、すぐに故障してしまうリスクが高い為です。

まずは点検整備記録簿の内容を見てみましょう。
そこから大雑把に年間でどれくらい走行距離があるのかを調べます。
そのうえで車検証に記載されている走行距離とメーターの数字を照らし合わせます。
ここまで条件がそろうと不自然な数字になっている車両があるのがわかります。
例えば、ある年から全然走っていない計算になってしまったりするケースです。

これはおそらくメーターを戻されて虚偽の数値になっている場合や、
事故などで長期間走っていなかった場合が考えられます。
万が一こういった車両を見かけた場合は購入を控えた方がいいでしょう。

点検整備記録簿には点検時までの距離が記載されています。
時系列で見たときに不自然な点はないか確認しましょう。
このメーター改ざんのチェックは中古車購入時の必須項目といっても過言ではありません。
十分に把握したうえで検討するようにしましょう。

Copyright(c) 2013 How to choose a Used Car All Rights Reserved.